Noirは夜ふかし中

埼玉の奥地からお届けする埼玉で生まれ埼玉で育ち埼玉で生きる女の叫び

学生諸君、お金と時間は大事に使わなきゃならんのだよ

こんにちは。

 

最近カゴメ野菜生活のアップルジンジャーにハマってます。

f:id:nuitmer11:20170929184024j:plain

生姜好きの私にとっては見逃せない商品です。

仕事の時には以前記事で紹介したハーブティーを飲んでいるんですが

やはり頭使って仕事してると甘いものが欲しくなって

ちょこちょこカフェモカとかスムージーとか飲むんですよね。

でも最近はこれを発見してしまったのでホッと一息したいときによく飲んでます。

生姜の風味が結構出てて美味しいんですよね~◎

 

 

さて、今日は他のはてなブログの記事でも見つけたお金と時間の使い方の話がしたかったんです。

というのも、自分が若かりし頃に大失敗しているので(思い出したくもない)

今の若い方々にはお金と時間を大事なものに使ってほしいなと切に願ってるからです。

そんなこんなで本日は私の失敗談も含めてのお話でございます。

 

税金?何それ美味しいの?ってな感じだった社会人1年目

 

私は商業系の高校を卒業しましたが、自営業だった父の仕事を手伝うという言い訳をして

正社員で仕事を探しませんでした。俗にいう就活をしていないんですよね。

正直「正社員」っていうものになりたくないと思っていました。

周りの女性は皆アルバイトで生計を立てていたし、その方が稼げると言っていたからです。

また同じ会社で何年も働き続ける事が苦痛でしょうがなかった、というのも理由の一つでした。

そんなこんなで社保ももらわず国保のままアルバイトをしていたんですが

商業科を出たくせに「税金を払う」という感覚がなく(この時点でアホ確定ですね)

しばらくの間、市民税や年金を払っていませんでした。

封筒が来ても、「何だコレ?よく分かんない知~らないっ」ってな感じでほったらかし。

今思えばなんてバカだったんだと恥ずかしく思います。(後々ツケが回ってきて払う羽目になったので)

その後自分で調べて毎月遡って返すようになったわけなんですが

高校の時から卒業後の支払いがどうなるのかをシミュレーションしておくべきだったなと今になっては思います。

 

 

ライブとファッションにかまけた社会人3年目

 

さて税金をきちんと払うようになった頃、知り合いの影響でライブハウスに出向くようになりました

これが私の人生最大の失敗だったと痛感しております。

(ライブやバンドマンが悪いという話をするつもりはないんで誤解しないでくださいね)

人付き合いだ何だって言って、行きたいわけでもないライブに誘われるがまま行って

無駄にチケット代を払ってたのが最大の無駄でした。

特に知り合いのライブや誘われたライブなんか、付き合いで行くもんじゃなかったと後悔しております・・・

(知り合いから「顔見知りのライブなんかゲストで入れても行くもんじゃないよ、金勿体無いし、女の子は特に勘違いバンドマン野郎から勝手にファン扱いされて頻繁に誘われるようになるから気を付けなさいね」と言われました、その通りだと思います)

だって対して興味もない素人バンドのライブに3000円とか普通に払ってたんですよ?

当時はそれなりに飲んでたのでdrinkも入れたらそれを超えるし

なんということでしょう。(ここで大改造!!劇的ビフォーアフターの曲が流れる)

自分が心底好きなアーティストのライブだけに金を払って行けばよかったという、ベリーベリーイージーな話です。

私がお馬鹿野郎だったせいで人生で10万以上は損したと思います。

10万あったら税金もっと早く払い終わってたよ馬鹿野郎。と自分自身を殴りたくなりました。

 

それと同時期にハマりだしたのが洋服ですね。

この頃物欲がピークだったんですが、自分がアパレル職だったこともあってアパレル関連の知り合いも増えて

知り合いの働くブランドで服を良く買うようになりました。

数万とかそこそこの値段がするドメブラとかデザイナー商品とかです。

もちろん高いお金を出して買った分、長持ちしている良い商品もあります。

でも正直これに金を出す必要はなかったかな、と思う物もしばしば。

有名なブランドならメルカリで売れるんですが、顧客の範囲が狭いマニア向けとかだとなかなか売れない。

いざ要らなくなって売った時に全く売れず「キツイな~」と実感しましたね。

 

未熟だった社会人初期を振り返って思う事

 

今高校生の子たちはバイトをしながら免許のお金を貯めたりしていることと思いますが

特に3年生の子たち、今だけではなくて卒業後のお金の貯金計画は絶対立てるべきです。

絶対、絶対に!(私が言うと説得力がまるでないですねスイマセン)

就職が決まったら、毎月どのくらい稼げてどのくらい税金や支払いで出ていくか

実質残ったものの中からいくらまで使って、いくら貯金するか。

そういった事を早いうちから計画を立てて考えておけば

結婚適齢期になったときにはそこそこのお金がたまっていることでしょう。

私もそんな人生を歩みたかった(もう遅いけどネ)

 

それと自由に使えるものとして余ったお金や、空いた時間の使い方ですね。

昔は無駄な時間で無駄なものにお金を費やしても何とも思わなかったんですが

やはりある程度年齢落ち着いてくると後悔する日がやってくるんですよね・・・

今になって私は激しく人生の色々な面を後悔しています。

その時はくだらない事に浪費をしてそれで良い、と思っていました。

ある意味寂しさやストレスの埋め合わせだったのかも知れません。

でもそれなりの歳になると、「あの時もっとしっかりお金を貯めていればよかった」

「もっと資格や語学など有意義な事にお金と時間を費やすべきだった」

「ちゃんと色々なことの計画を立てるべきだった」と思うようになりました。

 

中には若いうちにそういう無駄な時間を経験したほうがいい、失敗したほうがいい、という意見の方々もいるかもしれませんが

いいですか、失った金と時間は戻ってこないんです!

(さっきから説得力が皆無)

 

今の子たちは何だかちゃんとしっかりしていそうなので、

「お前のような失敗ババァにはならねぇよ!」と言われるんじゃないかとこれを書きながら今にも泣きそうですが

是非、私のようにならないよう、社会人目前の方々には今から色々なことを見越して準備してほしいなと思います。

私のようにアホ丸出しな失敗を重ねる事が無いように願っています。

若い時に出来ることってたくさんありますし、後々の人生のためにもお金や時間を有意義に使ってくださいね!

それでは。

 

 

 

 

 

\Yeah!SAITAMA!/